着物の買取価格を知るのなら

着物というものは、風情があり、また日本を表すものでもあります。
奥ゆかしく、そして美しいものですが、洋服の方が着る手間もそうないのでつい持っていても着なくなってしまいます。
そんな着物ですが、着なくなってしまったらいつまでも仕舞い込んでいては、傷む原因になります。
着なくなった、使わないというのであれば、早期に売ることをお勧めします。
とないえ、買取をしてもらうのなら、少しでも高額査定で引き取ってもらいたいものでしょう。
高く売るコツとしては、10年以内で正絹の着物であり、証紙が付いているものが相場的には高くつきます。
汚れがなく傷のないものであれば、振袖や訪問着といったものは、引き取り価格は大体が1万円位をみてください。
また、黒留袖や小紋といったものは、6千円から7千円位といったところでしょう。
さらに袋帯といったものは6千円から8円くらい、小物などは平均的にも千円から2万円位とみてください。
これが、大体の一般的な査定価格となります。
買取をしてもらうにも、買った時よりも低い金額と思って、売る事を立ち止まってしまいます。
しかし、後々の事を考えてみてください。
この先、着るのか着ないのかです。
着る事がなければ、ただの物となってしまい、いつかは捨てるものとなってしまうのです。
置いておくだけで経年劣化をしてしまうのですから、着ないと思ったら買ったときの事を考えずに売る事です。
ただ、売るのであれば、高額買取が期待できるお店がありますので、それはチェックしておくと良いでしょう。